【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割

自動車 ビジネス 企業動向

【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
  • 【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
  • 【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
  • 【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
  • 【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
  • 【レクサス RX 日本発表】1か月の受注が目標の4倍…30代以下が4割
トヨタ自動車は、レクサス『RX450h』/『RX350』の受注台数が1月19日の発売後(RX450hは4月発売予定)の2月18日までで、累計約2500台となったと発表。 

RX450hが月販250台に対して1か月累計受注が約1000台、RX350が月販400台に対して累計受注が約1500台となった。

購入者の年齢層は40代以下が全体の6割で、特に30代以下の若年層が4割を占めている。

新型車はセダンとSUVの特長をあわせ持つクロスオーバーのスタイリング、静粛性、運転のしやすさ、滑らかさ、新開発「リモートタッチ」の利便性などが好評としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集