【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト
  • 【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト
  • 【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト
  • 【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト
  • 【ジュネーブモーターショー09】ルノー ルーテシア …大幅なフェイスリフト
ルノーは5日、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)のマイナーチェンジモデルを発表した。エクステリアの大幅変更やスポーツグレードの投入がニュースだ。

フロントマスクはモデルチェンジを受けたかのように変化。ヘッドランプ、グリル、バンパーなど、ほぼすべてのパーツを一新している。大きな開口部を持つバンパーは迫力満点。『メガーヌ』にも通じるアグレッシブな雰囲気を手に入れた。フロントに比べるとリアの変更点は少なめで、違いはテールランプが新デザインになった程度だ。

新グレードとして「GT」を設定。大型バンパー、ブラックグリル、リップスポイラー、ツインマフラーなどでスポーツ性を強調。サスペンションも固められた。ボディカラーは専用のマルタブルーが用意される。室内にはアルミペダルやGTバッジ付きのバケットシートを装着。なお、エンジンの詳細は公表されていない。

オプションのナビゲーションシステムも新しい。モニターは現行よりもひと回り大きい5.8インチサイズで、インパネ最上部に配置。さらに、インターネット経由で地図データを更新できる最新タイプに進化した。スピード制限区域やオービスカメラの情報なども収録する。価格は550ユーロ(約6万3500円)程度になるという。

マイナーチェンジを受けたクリオは、3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで正式公開。欧州では5月から販売がスタートする予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集