新明和、インドに合弁会社を設立…ダンプトラックなど生産

自動車 ビジネス 企業動向
新明和工業は、インド市場に進出すると発表した。インドにダンプトラックなどの特装車を製造する工場を現地企業と合弁で設立する。

インドに新設する合弁会社は「カイラッシュ・シンメイワ」で、マハラッシュトラ州に5月に設立する。資本金は200万ルピー(約3600万円)で、新明和が60%、現地企業のカイラッシュ・バーン・ウドヨク社が40%出資する。新会社は2002年3月期で売上高10億円を目指す。
 
新明和グループは、現在推進中の長期経営計画「Value Up 200!」で海外売上高比率25%以上を経営目標に掲げている。経済発展が見込めるインド市場は、今後もインフラの整備などで建設関連車両の需要が見込めるほか、物流や廃棄物運搬の分野でも需要の伸長が期待できることから、特装車の製造・販売を行う合弁会社を設立する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱重工、インドネシアでコンバインドサイクル発電設備を受注 画像 三菱重工、インドネシアでコンバインドサイクル発電設備を受注
  • GMの08年実績、アジア太平洋地域販売は過去最高に 画像 GMの08年実績、アジア太平洋地域販売は過去最高に
  • コマツの無人ダンプトラック運行システム、オーストラリアで稼動開始 画像 コマツの無人ダンプトラック運行システム、オーストラリアで稼動開始
  • NEC、債務超過のNECトーキンを完全子会社化 画像 NEC、債務超過のNECトーキンを完全子会社化
  • 川崎重工、純国産ガスタービンM7型の累計生産100台達成 画像 川崎重工、純国産ガスタービンM7型の累計生産100台達成

特集