【スバルWRC撤退】欧州でもトップ報道された森社長の「涙」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スバル富士重工のWRCワークス撤退は、欧州のニュースチャンネル「ユーロニュース」でも17日朝から、それもスポーツ枠のトップで報道されている。

ユーロニュースはヨーロッパを代表するニュースチャンネルのひとつ。衛星などを通じ英、仏、独、伊、西、ポルトガル、露、アラブの8か国語で放映されている。

スバルWRC撤退のニュースはスポーツコーナーの冒頭扱い。東京で同日に行なわれた森郁夫社長による緊急記者会見の映像が、ラリーカーの走行シーンとともに織り込まれている。

森社長が「…コーナーが(スバルのチームカラーである)青一色に染まっているのを目にすると」と発言した直後、突然涙を浮かべて数秒声を詰まらせる姿が、各国語の翻訳音声付きで放映されている。この模様は欧州の17日午前、毎時15分から始まるスポーツ枠で繰り返し流されている。

 欧州のニュースチャンネルで、日本における自動車関連発表会の模様が報じられるのは異例のことだ。たしかにイタリア、フランス、スイスなどにおけるスバルの評価は、WRCやそれをモティーフにしたコンピューターゲームのおかげで非常に高い。毎年12月に開催されるボローニャモーターショーでも、スバルスタンドに併設されるグッズ販売ブースは若者たちの人気コーナーのひとつとなっている。

しかし今回のユーロニュース報道に関していえば、フィアットのマルキオンネ社長をはじめ欧州メーカーのトップは普段感情を露わにしないだけに、森社長の涙とワークス活動への思いが欧州人記者に驚きをもって捉えられた、と見るのが正しいだろう。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集