首都高の高架橋からバイクの男性が転落

自動車 社会 社会

26日午前、東京都千代田区内の首都高速道路・1号上野線下りで、走行中のバイクが側壁に衝突。運転していた男性が路外に投げ出され、約9m下の国道4号に転落する事故が起きた。男性はまもなく死亡している。

警視庁・高速隊によると、事故が起きたのは26日の午前9時50分ごろ。千代田区神田紺屋町付近の首都高速1号上野線下りで、走行中のバイクが緩やかな右カーブを曲がりきれず、道路左側の路肩に衝突した。

バイクは衝突によって転倒。運転していた21歳の男性は路外に投げ出され、約9m下を通る国道4号に転落した。男性は路肩付近に落ちて全身を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡している。

現場は片側2車線。側壁の高さは約90cmだった。警察では男性がスピードを出しすぎ、カーブを曲がりきれなかったものと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集