PCIがケーターハムの日本輸入総代理店に

自動車 ビジネス 企業動向

自動車輸入会社「PCI」(名古屋市中区・相原聡社長)は、英国MBIと契約を締結。09年からケーターハムの日本総代理店となる。自動車販売関連事業の「VTホールディングス」(愛知県東海市・高橋一穂社長)が発表した。

PCIはVTホールディングスの子会社で、プレミアムカーの輸入を手がける。ケーターハム『スーパーセブン』の「クラシック」、「スーパーライトR300」などのスポーツカーを年60台を目標に国内販売する。直販はしない。

同社は、英国のMG、ファービオ、ランドローバー(ディーゼル車のみ)、ドイツのアルテガと、国内でも根強い支持者のある希少輸入車を手がけている。「特別な車」という差別化戦略により、成熟した国内市場での販売増を狙う。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集