新日石、ガソリン卸価格を23.2円引き下げ---11月

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は、11月の石油製品の卸価格変動幅を発表した。11月の月間平均卸価格は、ガソリンで1リットルにつき前の月と比べて23.2円引き下げた。

軽油は16.5円の引き下げ、灯油が20.1円の引き下げ、A重油が16.2円の引き下げとなった。4油種平均では、19.7円の引き下げとなった。

また、12月のコストは、原油価格の下落と為替も円高となるため、11月と比べて1リットル当たり17.6円のコストダウンとなる見通しで、卸価格がさらに引き下げとなる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集