ホンダ、箱根駅伝に FCXクラリティ を提供

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、燃料電池車『FCXクラリティ』が2009年1月2 - 3日に開催される「第85回東京箱根間往復大学駅伝競走」で大会本部車として走行すると発表した。

ホンダは2004年から箱根駅伝の大会本部車として燃料電池車『FCX』を提供している。今回、FCXクラリティを提供することで、新型燃料電池車をアピールする。
 
FCXクラリティは、ホンダ独自の燃料電池スタック「V Flow FCスタック」技術を核に、燃料電池車だからこそできる一目で未来を感じるアイキャッチデザイン、画期的なパッケージ、異次元のドライブフィールを実現した。究極のクリーン性能に加え、クルマとしての新しい価値と魅力を提案しており、今年から米国でリース販売を開始している。
 
一方、10月から展開している環境企業広告「ホンダ・グリーン・マシーン」に『ピーナッツ』のキャラクターを起用し、12月中旬からテレビCM、新聞広告などでシリーズ展開していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集