【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー

自動車 ニューモデル モーターショー

【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー
  • 【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー
  • 【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー
  • 【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー
ボルボは24日、『S60コンセプト』の写真を公表した。新型は2010年の発売を予定しているが、2009年1月のデトロイトモーターショーには市販モデルを示唆するコンセプトカーが出品される。

現行S60は2001年1月に登場。ボルボのミドルクラスセダンだが、ボルボが「4ドアスポーツクーペ」と呼ぶように、スタイリッシュなフォルムが特徴だ。

次期S60にも現行型のコンセプトは受け継がれる。クーペを思わせるようなデザインには、いっそうの磨きがかかった。目を引くのは、ボルボが「Wウェーブ」と名づけたサイドライン。ヘッドランプからテールランプにかけて、うねりのあるキャラクターラインが貫いている。

ボルボのデザイン責任者、スティーブ・マーティン氏は「スウェーデンの海岸線をイメージしてデザインした」と語っている。

インテリアはかなり斬新。センターコンソールにスウェーデンのガラスメーカー、オレフィス製のクリスタルパネルを使用した。

ガラス成型が難しいとされる波形にねじれたパネルは、オレフィス社の職人の手作業によるもの。市販モデルには採用されないと思われるが、ユニークなアプローチとして注目できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集