アウディ A4…中国専用のロングボディ登場

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A4…中国専用のロングボディ登場
  • アウディ A4…中国専用のロングボディ登場
  • アウディ A4…中国専用のロングボディ登場
アウディは17日、中国北京で『A4L』を発表した。「A4」セダンのホイールベースを60mm延長した中国専用車で、2009年1月から販売がスタートする。

中国でのアウディは政府関係者の公用車、企業経営者の社用車として購入されるケースが多い。そこでアウディは2000年、『A6』にロングボディの「A6L」を設定し、好評を博してきた。A4にロング版が用意されるのは今回が初。アウディは「アッパーミッドサイズクラスで最初のロングホイールベース車」と、他社にはない優位性を強調している。

A4Lはベース車のA4セダンに対して、ホイールベースを2.36インチ(約60mm)延長。後席足元のゆとりを拡大するとともに、乗降性も引き上げている。足回りも専用チューンされ、快適性を重視した設定に変更された。アウディは「大型サルーン並みの快適性を、中型ボディで実現した」と自信を見せる。

エンジンは2種類。最大出力180psの2.0リットル直4TFSI、最大出力265psの3.2リットルV6FSIが用意される。

A4Lはフォルクスワーゲングループの中国合弁会社、一汽大衆の吉林省長春工場で生産。2009年1月から販売される。アウディの2008年1 - 10月累計販売台数は前年同期比19.9%増の約10万0560台と好調。2009年はA4Lの投入で、さらなる伸びが期待される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集