【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
  • 【ホンダ ライフ 新型発表】デザイントーク…パステルが先代を引き継ぐ
本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室の村上渉氏、廣田貴史氏、岡亜希子氏、田口晶子氏の4名が登壇した「New Life デザイントークショー」(9日)では、新型ホンダ『ライフ』のエクステリアデザインの考え方について触れていた。

ライフのエクステリアのコンセプトは、「シンプル・スマート・モダン」。この共通コンセプトのもと、「G」、「パステル」、「ディーバ」でそれぞれ違う“顔”を持っている。

エクステリアデザインPL(プロジェクトリーダー)の村上氏は、その違いについて、「Gはライフのスタンダードとしての顔。パステルは、顔まわりが丸い塊のような印象を与えた。先代ライフで好評だった丸いイメージを引き継がせたグレードとなる。ディーバは、開口部を四角く大きくとり、ドライブた楽しくなるようなスポーティな印象を与えた」と話す。

また他社のワンモーション・デザインの軽ワゴンと違い、ボンネットの存在感をしっかりと持たせたことについては、「ボンネットがあることで運転をしやすく、見た目にも安心感を与えた」(同氏)とも。

ライフは、長く使えるシンプルさ、機能的という意味のスマートさ、唯一無二のオシャレ感のあるモダンさを兼ね備えたデザインでまとめられていると4人はアピールしていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集