【COTY 選考コメント】諸手を挙げて褒めるほど秀才ではない…松田秀士

自動車 ビジネス 企業動向

【COTY 選考コメント】諸手を挙げて褒めるほど秀才ではない…松田秀士
  • 【COTY 選考コメント】諸手を挙げて褒めるほど秀才ではない…松田秀士
ボクもiQに10点を投票した39人の内の一人。理由は、今こそ小さなクルマの提案が必要だと考えたからだ。だいたいクルマ1台の生涯平均乗車率は1.2人という統計が出ていて、フル乗車することは多くない。

つまり、多くのクルマは無駄に道路のスペースを占有して走っているわけなのだ。iQのようなクルマが増えれば、短いから渋滞も短くなるし駐車場もたくさん入る。小さいから軽くて燃費も良い。

現在自動車の社会が置かれている環境を考慮すると、iQは実にタイムリーなモデルといえるのだ。ただし、諸手を挙げて褒められるほどiQは秀才ではない。低床ミニバンはあろうかと思えるほどの車高。後続車の前方視界を考えると実に迷惑だ。近年追突事故が多いのは背高ノッポクルマが増えたこともある。

まぁそれは100歩譲っても、転倒予防か(?)ロールを強引に抑えている。これによって突き上げ感の強い乗り心地となっている。似たようなコンセプトのスマート『フォーツー』が10ベストにも残らなかったのだから、それだけトヨタに対する期待値が大きいということ。大幅減益とマスコミを賑わしているが赤字を出したわけではない。

この時代に、これだけの体力を保持しているのだからiQを立派なクルマに育て上げてほしい。

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶
スローエイジングという独自の健康法で53歳の現役レーシングドライバー! SUPER GTをランボルギーニ『ガヤルド』で戦っている。INDY500など海外レース経験も豊富で、確かな知識と国際感覚でクルマの評価を行う。2008-2009日本カーオブザイヤー選考委員。
《松田秀士》

編集部おすすめのニュース

特集