【COTY 選考コメント】武闘派の僕が納得した…木下隆之

自動車 ビジネス 企業動向

僕はCOTY最高の栄誉である大賞には、末永くその存在感が輝き続けるような華やかさが必要と思っている。その意味では、今年の大賞はトヨタ『iQ』と日産『GT-R』のどちらかに資格があると思えた。特にGT-Rには、特別賞3賞を含んだ史上初の4冠も期待されたのだが……。

結果、iQが圧勝した。奇しくもスモールとビックパワーの対決になったのは興味深いところ。選考員の多くが、この時代に相応しいモデルとしてスモールを選んだということだ。

武闘派の僕が10点を授けたのはGT-Rなのだが、iQに破れたのであれば納得できる。GT-Rに負けず劣らず、魅力的なコンセプトが存在感を発散していたからだ。実際に僕もiQにはGT-Rにつぐ大量点を加えたのだ。

木下隆之|モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集