【アウディ A4 試乗】高評価に安住せず…島下泰久

試乗記 国産車

前車軸の位置を従来より前に出した新しい車体の採用で、新型『A4』が得たのは伸びやかなプロポーションだけではない。その走りは格段に進化。前後重量配分の改善などにより、走りの正確性が高まり、乗り心地も俄然しなやかになったのだ。

実際、そのポテンシャルは相当なもの。本当の俊敏性を得るには本当のスタビリティが要るが、A4はそれを見事に具現化している。また、ボディは大型化し動力性能も向上しているのに、燃費もしっかり改善したふたつの直噴エンジンも本当の技術を感じさせる。

美しい見た目や高いクオリティも魅力だが、新型A4は何より、走る・曲がる・止まるというクルマとしての基本性能を地道に真面目に磨き上げることによって、その価値を更に高い次元へと押し上げている。装飾によって仕立てた高級車ではなく、本質を深めた上質車。高評価に安住せず、むしろそれを糧に更に飛躍した新型A4は、まさに本当の意味のプレミアムカーだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。著書に『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)。
《島下泰久》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集