【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎

試乗記 国産車

【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
  • 【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
  • 【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
  • 【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
  • 【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
  • 【アウディ A4 試乗】アバントこそ本命…岡本幸一郎
外から眺めても、中に座っても、『A4』という気がしないほどの大きさと広さ。ほとんど『A6』と大差ないサイズ感で、とくに横方向の余裕が大きい。質感も十分。その点で、まず『3シリーズ』や『Cクラス』をリード。

走りは、ボディ剛性が非常に高く、一体感がある。乗り心地では、従来のアウディ車でちょっと気になっていた上下の動きが抑えられ、フラットな印象となったのも好ましい。

また、一昔前はクワトロとFFでハンドリングの味付けがずいぶん違い(クワトロのほうが攻め気味で、FFは安定志向でアンダーステア強め)、ドライのオンロードを走るにも圧倒的にクワトロがよいと思っていたが、近年はその差が小さくなったように思う。A4もそうで、リアのスタビリティとフロントのゲインは、クワトロとFFでほぼ同等になっているように感じられた。さらに、「ドライブセレクト」を駆使してドライブフィールを変化させることができるのも楽しい。

エンジンは、V6の重厚な響きも捨てがたいが、4気筒の1.8TFSIでも十分パワフルで、CVTの制御もこなれており、オススメできる。

全体として、3シリーズやCクラスに対して、同じ出費で得られる価値は、A4のほうが高いという印象。また、個人的に3シリーズやCクラスでは、いまだにワゴンに違和感を覚えるのだが、A4ならワゴンのイメージもあるし、使い勝手に優れるアバントが、むしろA4の本命ではないかと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

岡本幸一郎|モータージャーナリスト
ビデオマガジン「ベストモータリング」の制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスに転身。新車から中古車、カスタマイズ事情からモータースポーツ、軽自動車から輸入高級車まで、幅広い守備範囲を誇る。「プロのクルマ好き!」を自負し、常にユーザー目線に立った執筆を心がけている。
《岡本幸一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集