ホンダ近藤副社長、米市場は1300万台の攻防

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの近藤広一副社長は6日の新型『ライフ』発表会見の席上、今年の米国新車市場について「10月が大きく落ち込んだので、年間では1300万台に届くかどうかの攻防になってきた」との見通しを示した。

10月の米市場は年率換算1060万台レベルまで低下、ホンダも前年同月比で2割を超えるマイナスとなった。

近藤副社長は同社の対応策として「主力車種である『シビック』と『アコード』については(販売促進の)手を打ってこなかったが、今月からはファイナンス面のテコ入れをし、状況を見ている」ことを明らかにした。

具体的には、顧客向けローン金利を引き下げる施策を講じているという。ただ、トヨタや日産が導入した「ゼロ金利」までは踏み込まない。販売店向けのインセンティブについては、当面増額する方針はないと表明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集