【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
  • 【ルノー トゥインゴ 日本発表】14年ぶりモデルチェンジ
ルノー・ジャポンは24日、14年ぶりにモデルチェンジした新型『トゥインゴ』を日本発表、11月7日から全国のルノー正規販売店で発売する。

1993年発売の先代トゥインゴは、小さなモノフォルムの車体に高い機能性を兼ね備えたエポックメーキングな小型車として、14年間モデルチェンジがおこなわれることなく、約240万台販売されたロングライフモデル。

新型トゥインゴは、コンパクトな車体を生かした使い勝手の良さや、多彩な室内アレンジによる高い機能性といった先代トゥインゴの特徴を引き継ぎつつ、「乗り方も、使い方も自分を表現するクリエイティブコンパクト」をコンセプトに、新しい時代に対応した品質や環境性能、安全性を備えたモデルとした。

運動性能は、『ルーテシア』に採用されていたシャシーをベースに開発することで、ひとクラス上のハンドリング、走行性能、安全性を実現。パッケージングでは、ボディはタイヤをボディの四隅に配置する現代的なデザインに生まれ変わり、先代トゥインゴに比べ、全長170mm(3600㎜)、全幅25㎜(1655㎜)、ホイールベース20㎜(2365㎜)、拡大した。

ルノーでは、ファン、ファンクショナル、ファッショナブル、を兼ね備えたフレンチコンパクトカーと位置づけている。

ラインアップは、AT限定免許で運転可能な「クイックシフト5」(シーケンシャルモード付5速トランスミッション)を搭載する「トゥインゴ」と、ターボエンジンのダイナミックな走りが楽しめる「トゥインゴGT」の2モデルが用意される。

●価格
トゥインゴ:198万円
トゥインゴGT:240万円
《》

編集部おすすめのニュース

特集