【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明

試乗記 国産車

【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】こういった新提案に遭遇するとワクワクする…家村浩明
こういった新提案に遭遇すると、まずはワクワクする。全長3m以下で、2人乗りではないクルマをつくれるか? 一方で、では居住性や走りにおいて、その小ささを感じさせないクルマに仕立てられるか?

iQは、こうした“立ち位置”において世界最先端にあり(スマートは2座限定だ)、またニーズに押されて……ではなく、世にないから「つくってみたかった!」というチャレンジングなスピリットも感じさせる。コンパクトで歴史をつくってきた日本のクルマだからこそのアイデアとその体現ともいえる。

走ってみると、その静かさ、そして超スモールの割りにはバタバタしない、しっとりした乗り味に大いに感心! 日本での使用で主となる低速域でも、乗り心地はしなやか。1000ccエンジンは実用上ストレスなく、いずれ追加されるであろう4気筒より、エンジン重量の軽さによって、クルマ全体のバランスでは優位かも……と思わせる。そしてデザインと造形には、好みを超えての説得力があると見た。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:「誰に?」という問題がからむので、ちょっと採点がむずかしい

家村浩明|ライター
雑誌編集者を経て、1985年頃よりフリーランスで執筆活動を開始。時代を映す「鏡」としてのクルマに関心を持ち、歴史的考察や新型車の批評のほか、開発ドキュメントやモータースポーツを執筆テーマとしている。著書に『自動車コラム大全』、『ル・マンへ…レーシングNSXの挑戦』、『最速GT-R物語』、『プリウスという夢』など。
《家村浩明》

編集部おすすめのニュース

特集