アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
  • アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
  • アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
  • アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
  • アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
  • アウディ RS6 アバント…タダ者ではないスタイリング
アウディ最強のスポーツモデルとして登場した『RS6アバント』、そのスタイリングはフェンダーやフロントマスクを見れば、すぐにタダ者ではないことに気付かされる。

全体的なシルエットこそ『A6アバント』をベースとしているが、前後のフェンダーは20インチの大径タイヤを包み込むために前後ともに「A6アバント」よりも35mmワイドな専用のブリスターフェンダーを装備。そのフロントフェンダーは軽量化のためにアルミで作られている

フロントマスクも、冷却効率を高めた開口部の広いバンパーを採用、ヘッドライト下部には片側10個のLEDランプが並べられており、標準のA6よりもスポーティな顔つきに仕上げられている。

リヤビューも、バンパー下がディフューザー形状に変更されており、後方からでもRS6とすぐに分かるデザインが採用されている。

アウディジャパンマーケティング部の青木徹さんは「RS6アバントはブリスターフェンダーを採用していますので、すでに販売されている『S6アバント』よりもスポーティな方向性が分かりやすいエクステリアデザインに仕上がっていると思います」とコメント。

実際に、RS6アバントのスタイリングは既存のS6アバントよりも迫力があり、ひと目で特別なモデルと認識することができるデザインに仕上がっている。

S6アバントとRS6アバントの価格差は367万円あるが、145PSもパワーアップしたターボエンジンとこのブリスターフェンダーの有無を考慮すれば、RS6アバントのほうが魅力的に感じてしまう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集