【新聞ウォッチ】洞爺湖サミット まであと1週間、紙面も“環境”一色

モータースポーツ/エンタメ 出版物

【新聞ウォッチ】洞爺湖サミット まであと1週間、紙面も“環境”一色
  • 【新聞ウォッチ】洞爺湖サミット まであと1週間、紙面も“環境”一色
気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップ、内幕を分析するマスメディアクルージング。

2008年6月30日付

●脱ガソリンいよいよ実用化、各種比較電気車が一歩リードか(朝日・27面)

●車のプレートおかしい「ね」(朝日・29面)

●警備ピリピリ2万人、サミット迎える北海道(毎日・3面)

●7月も値上げ、ガソリン180円?(産経・5面)

●セグウェイでエコ、ガソリン高の米再注目(産経・7面)

●弱る景気資源高が重し(日経・1面)

●トヨタ、シベリア鉄道で輸送、ロシア向け部品(日経・1面)

●石見銀山観光、電気バスで、客急増で環境に配慮(日経・42面) 


ひとくちコメント

地球温暖化防止が主要テーマになるとされる北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)開幕まであと1週間。報道陣の拠点となる「国際メディアセンター」も公開されたほか、北海道警による本番さながらの車列訓練が実施されるなど「準備が本格化してきた」(日経)という。

きょうの各紙の紙面をみても「洞爺湖サミット」関連の記事や広告が目立ってきた。産経が1面トップで「首相北方領土を“封印”国際圧力の好機放棄」と報じているほか、朝日は社説で「サミットと温暖化」をテーマに取り上げている。毎日は「警備ピリピリ2万人、サミット迎える北海道」として、北海道内の警備が最高レベルに引き上げられていると伝えている。

企業広告も日経が「環境とエネルギーフォーラム」と題して4ページの記事広告。マツダは「洞爺湖サミット開幕直前企画」で「水素ロータリーエンジン車」をアピールする全面広告を掲載している。9日の閉幕まで「環境」一色の“サミット漬け”の紙面は日増しにエスカレートすることだろう。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集