松下電器、パナソニックへの社名変更を株主総会で承認

自動車 ビジネス 企業動向

松下電器、パナソニックへの社名変更を株主総会で承認
  • 松下電器、パナソニックへの社名変更を株主総会で承認
  • 松下電器、パナソニックへの社名変更を株主総会で承認
松下電器産業は、26日開催の「第101回定時株主総会」で第1号議案として付議していた「パナソニック」への社名変更が承認されたと発表した。これにより今年10月1日に社名を変更する。

グループ会社のうち「松下」「ナショナル」を冠する企業の社名変更についても、同様に各社の株主総会で承認され、同日付で「パナソニック」を冠する社名に変更する。

また、国内の「パナソニック」へのブランド統一については、10月1日以降に予定していた「National(ナショナル)」からの切り替えを前倒しでスタートし、2009年度中をめどに完了するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集