デンソー、バイオ燃料に対応したエアコンを実証評価

エコカー 燃費

デンソー、バイオ燃料に対応したエアコンを実証評価
  • デンソー、バイオ燃料に対応したエアコンを実証評価
  • デンソー、バイオ燃料に対応したエアコンを実証評価
デンソーは、バイオディーゼル燃料に対応した業務用ヒートポンプエアコンの実証評価を19日からデンソー本社で開始したと発表した。空調機によるCO2排出量の大幅な低減を目的に、2010年の商品化を目指す。

今回の実証評価では、デンソー製の業務用ヒートポンプエアコンKHP(灯油式)に、同社本社の社員食堂から出る廃食油を精製したバイオディーゼル燃料を使用し、燃料との適合性とエアコン機器の耐久性を検証する。エアコンの室外機とバイオディーゼル燃料の精製機を本社に1台設置し、ショールーム「デンソーギャラリー」の空調の一部を担う。

灯油の代わりにバイオディーゼル燃料を使用することで、従来のKHPと比べCO2排出量約90%の低減が可能となる。

同社は今後も、環境を重視した新技術・新製品の開発を積極的に取り組むとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集