ソフトバンクとアップル、iPhone 3G を7月11日に日本発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソフトバンクとアップル、iPhone 3G を7月11日に日本発売
  • ソフトバンクとアップル、iPhone 3G を7月11日に日本発売
ソフトバンクモバイルとアップルは10日、携帯電話の『iPhone 3G』を7月11日より日本で発売すると発表した。iPhone 3Gの米国での価格は、8GBモデルが199ドル(約2万円)、16GBモデルが299ドル(約3万2000円)。

iPhone 3Gは、従来の『iPhone』が持つすべての機能に加え、初代iPhoneと比べ通信速度を2倍に高めた3Gネットワーク機能、位置情報を利用したモバイルサービスを拡張する内蔵GPS、iPhone SDKにより制作されたサードパーティー製アプリケーションが動作するiPhone 2.0ソフトウェアなどを特長としている。

GPS搭載によりGoogle Mapsを利用した際のリアルタイムマッピングや、カメラの撮影情報にジオタグを埋め込むことも可能となる。また、周囲にいる友人をリストして表示する機能も利用可能という。ナビゲーション用途としての活用も注目される機能だ。

日本での販売条件等については、後日あらためて発表があるとのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

特集