太陽電池技術の特許出願ランキング、トップはシャープ

自動車 ビジネス 企業動向

IPBは、太陽電池市場に参入する企業の技術競争力を、特許の質と量の両面から総合的に評価した「出願人スコアランキング」をまとめた。

出願人スコアは、各出願人が出願した特許の総合力を測るための指標。「IPBパテントスコア」を応用し、特許件数の比較だけでは見られなかった、質的観点を取り込んだ特許力について評価した。

それによると1位はシャープ、2位はキヤノン、3位は三洋電機となった。

シャープは結晶シリコン型太陽電池や化合物型太陽電池、有機型太陽電池など、幅広い分野で強みを持っている。特に結晶シリコン型と有機型の2分野で、出願人スコアが1位となった。

2位のキヤノンはすでに太陽電池事業から撤退しているものの、特にアモルファスシリコン型太陽電池において高い技術競争力が見られた。また、3位の三洋電機はアモルファス型や結晶シリコン型で強みを持っている。

ランキングの対象は、日本の特許庁に太陽電池関連技術を出願している企業、大学・研究機関、個人。1993年1月から2008年1月までに発行された公開系特許公報約6400件をもとに集計した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集