ジャパンエナジー、原村・JOMOあゆみの森で森林ボランティアを実施

エコカー 燃費
ジャパンエナジー、原村・JOMOあゆみの森で森林ボランティアを実施
  • ジャパンエナジー、原村・JOMOあゆみの森で森林ボランティアを実施
  • ジャパンエナジー、原村・JOMOあゆみの森で森林ボランティアを実施
ジャパンエナジーは、二酸化炭素の吸収源となり、多様な生物を育む森林の健全な育成を図るため、「原村・JOMOあゆみの森」とその近隣で、社員らが参加して森林ボランティアを実施した。

同社は2005年4月に長野県諏訪郡原村との間で「森林(もり)の里親」契約を締結し、原村の森林整備に協力している。今回、今年度第1回目、通算10回目となる森林ボランティアを24、25日の2日間、長野県諏訪郡原村で実施した。今回は、ボランティアとして同社の社員およびその家族など63人が参加し、地元原小学校の学校林整備作業、植樹、シイタケの植菌、地元住民との交流会などを行った。

原村における森林整備活動により産出された間伐材は、印刷用紙への国産間伐材の利用を促す仕組みにより、同社が発行するCSRレポートなど、1年間で約100トンの印刷物に活用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集