【新聞ウォッチ】トヨタ、「カイゼン」活動を“改善”、残業代全額支給

モータースポーツ/エンタメ 出版物

【新聞ウォッチ】トヨタ、「カイゼン」活動を“改善”、残業代全額支給
  • 【新聞ウォッチ】トヨタ、「カイゼン」活動を“改善”、残業代全額支給
気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップ、内幕を分析するマスメディアクルージング。

2008年5月22日付

●温暖化対策、環境税導入を提言、自民素案排出権取得制度も(読売・4面)

●損保5社、本業減収原資は、あいおい6期ぶり赤字 3月期決算(読売・8面)

●「フィット」をハイブリッド化、ホンダ、新車値上げ「当面ない」(読売・8面)

●トヨタ「カイゼン」に残業代、業務と認定、全額支給(朝日・1面)

●損害保険料 取り過ぎ298億円、大手6社順次返還(毎日・1面)

●高級輸入車ズラリ、ヤナセ(産経・8面)

●NY原油132ドル台(東京・1面)

●ホンダ、品質、効率に重点(日経・11面)


ひとくちコメント

トヨタ自動車は生産現場で働く従業員が勤務時間外にグループで取り組む「カイゼン」活動について、残業代を全額支払うことを決めたという。きょうの朝日が1面トップで報じている。

それによると、月2時間までとする残業代の上限を撤廃。「自主的な活動」としてきたカイゼン活動を「業務」と認定するもので6月1日から実施する。外食産業を中心に長時間労働による健康被害や過労死が深刻化しており、「名ばかり管理職」への批判を受け、日本マクドナルドが直営店の店長に対する残業代の支払いを決めたばかり。

「サービス残業と指摘されたカイゼン活動を残業と認めるトヨタの方針転換で、製造業でも“働き方”と“報い方”のバランスを見直す動きが広が.る」(朝日)とみられる。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集