ヤマハ PAS 08年モデル発表…走行距離25%アップ

自動車 ニューモデル 新型車
ヤマハ PAS 08年モデル発表…走行距離25%アップ
  • ヤマハ PAS 08年モデル発表…走行距離25%アップ
ヤマハ発動機は、電動ハイブリッド自転車『PAS』の小径3モデルのバッテリー性能を向上し、アシスト制御プログラムを見直した2008年モデルを6月4日から発売する。

発売される3モデルは、PAS CITY-Xリチウムでは、斬新で個性的なデザインとスポーティな走行性能の両立を図った、PAS CITY-Cリチウムは、デザイン性を重視し、PAS コンパクトリチウム(10万2800円)は小柄な人でも快適に走行可能なことを特長としている。

2008年モデルでは、リチウムイオンバッテリーの容量を従来比約8%増量し、サイクル寿命の伸長、低温特性の改善などバッテリー性能の向上を図った。アシスト制御プログラムを全面的に見直し、メリハリのある走行感覚に仕上げている。

バッテリー性能の向上とアシスト制御プログラムの見直しとの相乗効果により、1充電あたりの走行距離は標準モード・オートエコモードプラス使用で「一般路走行パターン」での測定時に約25%向上した。

また、各機種別のターゲットユーザーに合わせ新しいカラーリングも設定している。

●PAS CITY-X リチウム:10万5800円
●PAS CITY-C リチウム:10万2800円
●PAS コンパクト リチウム:10万2800円
(専用充電器、バッテリーを含む)
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集