【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上

プジョーのミドルレンジ『307』の後継モデルとなるプジョー『308』が8日発表された。308は307よりも全長で80mm、全幅60mmも拡大されているのが特徴。いっぽうで全高は15mmも低く設定されており、かなりワイド感が強調されたデザインとなっている。

自動車 ニューモデル 新型車
【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
  • 【プジョー 308 日本発表】ボディサイズを拡大して車格を向上
プジョーのミドルレンジ『307』の後継モデルとなるプジョー『308』が8日発表された。308は307よりも全長で80mm、全幅60mmも拡大されているのが特徴。いっぽうで全高は15mmも低く設定されており、かなりワイド感が強調されたデザインとなっている。

日本仕様の308に導入されるエンジンは、すでに『207』に積まれているタイプと同じ1.6リットルターボの2種類。ひとつは207GTと同じ140psを発揮する1.6リットルのターボで、これには4速ATが組み合わされ、5ドアの「308プレミアム」と「308シエロ」に搭載される。

そしてもうひとつは175psを発揮する1.6リットルターボの高出力バージョン。これは3ドアの「308GTi」に搭載され、日本に導入されるプジョーとしては久々の6速MTが組み合わされている。

プジョージャポン広報担当者によると「プジョー308の魅力はより洗練されたスタイリングと、質感が大幅に向上したインテリアです。エンジンは207と共通ですが、プレミアムとシエロに搭載されるターボユニットには初めてATが組み合わされており、余裕のある走りを実現しています」

「また、ナビを見やすい場所に配置した日本仕様専用のセンターパネルを採用して操作性を向上させるなど、日常的な扱いやすさも進化させています」とコメント。

実際に308のスタイリングやインテリアの質感は307と比べると洗練されており、ひとクラス上の風格を手に入れている。全幅が1820mmとハッチバックとしては最大級の大きさとなったことで、車格感も307よりもワンランク上に向上しているように見える。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集