バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
  • バージョンアップしたユビークリンク「全力案内!」の機能を試す
ユビークリンクが提供するケータイナビゲーションサービス『全力案内!』が4月25日にバージョンアップし、大幅に機能アップした。

乗り換え+徒歩ルートの総合ナビから、助手席ナビ、交通情報の提供まで、すべてのサービスを月額210円というリーズナブルな価格で使えるのが全力案内!の大きな特徴。今回のバージョンアップでは、さらに「リアルタイム性」にこだわった機能が追加された。

全力案内!の基本メニューは9つに分けられている。乗り換え+徒歩ルートの「総合ナビ」、「乗換案内」、運行情報が提供される「鉄道遅延」、「徒歩ナビ」、「スポット検索」、具体的なルートではなく、目的地の方向を指示する「フリーナビ」、いわゆる助手席ナビの「車ナビ」、「渋滞情報」、「交通情報」だ。

このうち、バージョンアップの目玉でもあり、全力案内!ならではの特徴が、リアルタイムプローブ情報が反映される「車ナビ」だろう。リアルタイムプローブは、6000台のタクシーと全力案内!ユーザーから集めた走行情報をもとに、現時点の渋滞情報を反映させたものだ。ユビークリンク代表取締役社長の増田有孝氏によると、「(プローブ)対象タクシーについては、今年末までに1万3000台まで増やす予定」という。


◆リアルタイムにこだわった情報提供を充実

クルマナビを立ち上げて目的地を設定する。目的地の設定方法自体はカーナビや他社のケータイナビと大差はない。施設名称、住所、電話番号、ジャンル別などさまざまな方法で検索が可能だ。渋滞考慮、時間/距離優先、有料道路の回避などもカーナビと同様に選択できる。

目的地を検索するとルートが引かれるが、渋滞情報は地図上に通常のVICS情報は実線、プローブ情報は破線で表示される。込み入った繁華街の場合、どちらがVICS情報でどちらがプローブ情報かは目をこらしてみないと分からないほどだが、ユーザーにとってはどちらでも関係ないことかもしれない。主要道路のみのVICSだけでなく、よりきめの細かい渋滞情報がプローブによって提供されていることが重要だからだ。

なお渋滞情報は、予測機能もついており、指定の時刻での道路混雑状況をシミュレートできる。出発前の参考としても利用できるだろう。

上記以外に、今回のバージョンアップで追加された機能としては、「ガソリン時価情報」
「駐車場のリアルタイム満空情報」「グルメ情報検索サイト『ぐるなび』との連携による飲食店詳細情報やクーポン」などが挙げられる。ガソリン時価情報は、IRIコマース&テクノロジーが提供する『e燃費』によるユーザー投稿ガソリン価格情報で、スポット検索でガソリンスタンドを検索すると、直近1週間に給油されたガソリンスタンドの最新価格情報が表示されるというものだ。

POI情報の充実は、高速道路のSA/PAでも図られている。「高速SA/PA検索」では、名称検索のほか、現在の場所あるいは指定地点から10km圏内までのSA/PAを探すことができ、それぞれの施設情報の詳細を見ることができる。また、ETCの割引料金表示に対応したこともトピック。ETC割引は深夜割引や通勤割引など、時間帯や距離、地域などによって細かく分けられているから、事前に料金をシミュレートする際にはなかなか便利な機能だ。


◆プローブ以外のコンテンツも拡充 公共交通の情報拡充も

クルマ向け以外では、定期券を考慮した乗り換え案内にも対応させた。あらかじめ定期券を登録しておくことで、乗換検索(あるいは総合ナビ)をした際に、定期券を考慮した料金表示がなされる仕組みだ。できるだけ料金重視で目的地を目指したい場合などに使える機能だ。

全力案内!のメニュー自体は淡いオレンジでコーディネートされ、見やすさに配慮されており、イメージキャラクター「ゆびりん」のヘルプなどもあって初心者にも優しいケータイナビサービスといえる。また、ドコモだけでなく、ソフトバンク端末への対応も図っており、幅広いユーザーを獲得しつつある。ユビークリンクとしてはさらなる機能拡充に向けて積極的に取り組んでいくとしており、今後のバージョンアップにも大いに期待したいところだ。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集