ダイヤモンド電機、業績見通しを修正

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機は、2008年3月期連結決算業績見通しを修正した。売上高は369億9800万円を予想していたが350億5400万円にとどまる見通し。

電子機器事業で原油価格の高騰、天候不順の影響を受けた。収益面でも売上が予想を下回ったのに加え、円高進行による為替差損の発生が見込まれるため、営業利益は9億6100万円を予想していたが7億8700万円、経常利益は8億7500万円を予想していたが5億2500万円に下方修正した。

一方、米国子会社のミシガン工場閉鎖に伴う特別損失は4億1400万円を予想していたが、2億2100万円にとどまる見通し。

当期純利益は2億500万円を予想していたが、2億1500万円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • セイノー、業績見通しを下方修正 画像 セイノー、業績見通しを下方修正
  • ダイセル化学、業績見通しを下方修正 画像 ダイセル化学、業績見通しを下方修正
  • 静岡スバル、業績見通しを上方修正…登録車販売好調 画像 静岡スバル、業績見通しを上方修正…登録車販売好調
  • 【e燃費アワード07-08】12部門でベスト燃費を表彰 画像 【e燃費アワード07-08】12部門でベスト燃費を表彰

特集