【春闘08】渡辺トヨタ社長、労組と共通の問題意識を

自動車 ビジネス 企業動向
【春闘08】渡辺トヨタ社長、労組と共通の問題意識を
  • 【春闘08】渡辺トヨタ社長、労組と共通の問題意識を
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は18日の新型『クラウン』発表の会見で、今春闘交渉への基本姿勢として「まだ申し入れを受けたところだが、(労組と)共通の問題意識や課題意識をもつことが重要」と語った。

労使がスリ合わすテーマとしては「景況のほか、われわれの立場として国際競争力や生産性向上などたくさんある」とし、「賞与を含めこれからしかり話し合っていきたい」と述べた。

トヨタの春闘については、すでにマスメディアでは年間一時金について「満額」が固まったとの報道もあり、渡辺社長は「一部報道で『回答』していただいたが、まだ1回目の交渉もしていない」と苦笑していた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース