【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席

自動車 ニューモデル 新型車

【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
  • 【スズキ パレット 発表】180cm+・90kg+の巨漢記者でも余裕の後席
スズキ第3の軽ワゴン『パレット』に、身長180cm+・体重90kg+という体格の記者が後部席に乗り込んでみた。後部席の屋内空間については文句なし。

リヤステップの地上高は340mmで、室内高は1365mmで、小学校低学年の子が立てる高さとなっている。資料では、身長124cmの女の子(小学校2 - 3年生と思われる)が直立している写真も掲載されていた。

ライバルのダイハツ『タント』の場合、リヤフロア高(ダイハツはリヤステップ高をリヤフロア高と表現しているが、同じ路面から後部室内の床面までの高さを指している)が370mmで、室内高が1355mm。その場で乗り比べたわけではないので顕著な差を感じるほどではなかったが、数値スペック上ではパレットがタントを上回る形だ。

後部席に実際に座っても、もちろん余裕。室内長は2025mm(タントは2160mm)で、普通に座る分には、記者の体格でもヒザが前席に当たることはない。

仮に前席が最大限後退したとしても、後部席も左右独立してスライドさせられるので、同じように後退してしまえば問題なし(もちろん、その分荷室が犠牲にはなる)。前後に関する窮屈さはまったく心配する必要はない。左右方向も、ドアの内側に肘掛けがないことから、前席と比較するとわずかだが広くなっているようだ。

後部席と大いに関連する荷室については、開口地上高が軽トップクラスの535mm(タントは595mm)で、後部座席をたためば、27インチサイズの自転車さえ積み込めるという広さと乗せやすさ。ただし、その分リアハッチは軽乗用車のものにしては大きめで、開くと後方に結構スペースを取っていた。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集