【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】ボディ拡大はフットワークに効く
新型『アテンザ』のボディサイズを大幅に拡大しているが、それは海外市場を睨んでの進化なのだろうか。

開発主査の梅下隆一さんは「新型アテンザのメインマーケットとなる欧州でのライバルはVW『パサート』などになってきます。やはりグローバルな視点から考えると、このクラスでは、これぐらいのボディサイズが必要になってくるのです」とコメント。

「新型アテンザのボディは先代のアーキテクチャーを踏襲していますが、部品レベルではほとんどが新規に設計されています。その結果、ボディ剛性も大幅に向上させることができました。サスペンションについても先代と同じ形式ですが、ホイールベースやトレッドの拡大、サスペンションの改良によって、リニアリティのあるハンドリングと優れた乗り心地、高い静粛性を実現しています」

「また空力についても、2.5リットル車のフロントタイヤの前に馬蹄形のディフレクターを採用することで、ブレーキの冷却性能を落とすことなくクラストップレベルの空力特性を手に入れています。この優れたフットワークも新型アテンザのセールスポイントとなってくれるでしょう」

ボディサイズの拡大は道路の狭い日本では歓迎されないことが多いが、走行安定性や衝突安全性に関してはメリットが多いのも事実。新型アテンザのボディサイズの拡大も、フットワークの進化に大きく貢献しているようだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集