出光興産、豪州石炭鉱山の被災状況を公表

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、集中豪雨による洪水のため操業を停止していた豪州エンシャム石炭鉱山の被災および復旧状況を公表した。

それによると、天候は既に回復し、洪水による被災地域の水位も低下中。エンシャム鉱山全体で7か所の採掘エリアのうち、4か所が冠水により被災したものの、2か所では大型重機(ドラッグライン)による生産を再開し、他の1か所でも生産に向けて準備中としている。

4基ある大型重機(ドラッグライン)のうち、1基が水没したエリアに残された以外は、生産および出荷設備の被害は無かった。

現在は構内道路の通行不能により出荷停止中だが、冠水解消の後、出荷開始を予定している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集