タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜

自動車 社会 行政

タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
  • タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
  • タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
  • タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
  • タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
  • タミヤ、プラモデルファクトリーを出店…トレッサ横浜
タミヤは、模型製作を楽しめるアトリエを併設したプラモデルショップ『タミヤプラモデルファクトリー』を3月27日、横浜市港北区の大型複合商業施設、トレッサ横浜のグランドオープンと同時に出店する。

この種のショップは日本初だという。タミヤプラモデルファクトリーはタミヤがプロデュースし、セガの企画協力のもと、今関商会が店舗を開発・運営する。

店舗はショップゾーンとアトリエゾーンに別れる。ショップゾーンではスケールモデルに加え「ミニ四駆」、「楽しい工作」シリーズ、工具、塗料、書籍なども取り揃える。独自の製品の販売も予定しているという。

アトリエゾーンでは、プロモデラー金子辰也氏の監修により模型製作に適した作業空間を用意した。全20席あるデスクはひとつの大きいテーブルとしても使え、イベント開催などを予定している。塗装室や完成品撮影室も完備する。

プラモデルファクトリーには「プラモデルマスター」がほぼ常駐し、初心者の相談から本格的な模型製作までサポートする。アトリエでの催しは「団塊世代のための模型教室」や「はじめてのミニ四駆工作教室」などを予定している。

タミヤでは、国産プラモデル50周年を迎える今2008年、プラモデル文化を支えた団塊世代から現代の子供達まで世代を超えたひとびとに、モノづくりのよろこびを発信していく、とする。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集