クウジット、マピオンにWi-Fiで現在位置を推定する技術を提供

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

クウジットは、サイバーマップ・ジャパンが提供する地図情報検索サービス『マピオン』に、無線LAN(Wi-Fi)電波で現在位置を推定する技術「Place Engine」を23日から提供を開始したと発表した。

Wi-Fiを搭載したノートパソコンなどで、現在地を簡単にPC版マピオンの地図で表示することが可能となる。

また、現在地の情報を取得し、周辺情報のDBとつなげることで、マピオンに掲載されているレストラン、病院などのスポット詳細情報を受取ることも可能となる。

Place Enigineクライアントソフトを起動した状態でマピオントップページおよび地図ページにある「現在地を取得」ボタンをクリックすると、現在地点の地図を呼び出すことができる。現在位置を推定できなかったり、間違っていた場合は、その場で「位置を教える」ボタンをクリックして現在地を登録することで、次回からその場所をより正しく推定することが可能になる。

利用者が登録していくことで対応エリアが広まり、位置推定の精度が向上する仕組みだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集