日本伸銅、丸紅の持分法適用会社に

自動車 ビジネス 企業動向
日本伸銅は、第三者割当による新株式発行の払い込みが完了したと発表した。これに伴って日本伸銅は丸紅の持分法適用会社となる。

日本伸銅は、第三者割当による新株式270万株を発行、発行価格は1株につき215円で実施した。丸紅は120万株、三宝伸銅工業が100万株、三谷伸銅が50万株をそれぞれ引き受け、3社は合計で総額5億8050万円を払い込んだ。

丸紅は増資前は日本伸銅に12.12%出資していたが、今回の増資引き受けで出資比率は15.83%となり、持分法適用会社とした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本伸銅、工場移転・新築資金を調達するため、第三者割当増資 画像 日本伸銅、工場移転・新築資金を調達するため、第三者割当増資
  • 住友金属鉱山、チリに現地法人を設立 画像 住友金属鉱山、チリに現地法人を設立
  • 新日鉄マテリアルズ、表面処理を施した銅ボンディングワイヤを開発 画像 新日鉄マテリアルズ、表面処理を施した銅ボンディングワイヤを開発
  • 日鉱金属と三井金属鉱業の合弁会社、ペルーで銅鉱床開発の権益を取得 画像 日鉱金属と三井金属鉱業の合弁会社、ペルーで銅鉱床開発の権益を取得

特集

おすすめのニュース