カーナビにEメールは不要…マイボイスコム調査

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

マイボイスコムは、「カーナビの利用」に関する調査を実施。2007年12月1日-5日に1万4643件の回答を集め、その結果をまとめた。

この調査は前回の2006年12月に続いて3回目となる。

結果によると、カーナビを保有している車種は、「ミニバン(3列シート多人乗り)」が24%でトップ。次いで「軽自動車」が23%と僅差、以下「セダン」(19%)、「スモール」(16%)の順だった。

カーナビ付き自動車の所有状況は、「ネット接続可能なカーナビ付き自動車を持っている」が7%で、「ネット接続ができないカーナビ付きの自動車を持っている」が39%。カーナビ付きの自動車を所有している割合は、46%となり、前回調査と比較して5ポイントアップした。

ルート案内以外でよく利用しているカーナビの機能・サービスは、「施設・観光地などの検索機能」55%で最も多かった。乗車中に行き先であるレジャースポットなどを検索する人が多い模様だ。2位は、道路交通情報が得られる「VICS」(39%)で、「音楽の録音・再生」、「地上波放送受信」も多かった。カーナビの必要度合いは、「とても必要である」が23%で、「やや必要である」が38%。

カーナビに不要な機能は、「Eメールの送受信」が32%で最も多かった。次いで「自宅家電の遠隔操作」(24%)、「音楽・動画のダウンロード」(19%)が続いた。「不要な機能はない」も31%あった。

今後、カーナビに欲しい機能・サービスは、「目的地の混雑情報」が39%でトップで、「空き駐車場案内」、「地震や台風などの災害情報を教えてくれる」、「着脱式で持ち運び可能」が上位だった。「特に欲しい機能はない」も26%あった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集