【パリダカ08】三菱のサポートカーは アウトランダー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【パリダカ08】三菱のサポートカーは アウトランダー
  • 【パリダカ08】三菱のサポートカーは アウトランダー
  • 【パリダカ08】三菱のサポートカーは アウトランダー
ダカールラリー(通称パリダカ)のディフェンデングチャンピオン、チーム・レプソル三菱ラリーアートは、サポートカーの全車に『アウトランダー』を採用する。

2008年型「ダカール・アウトランダー」は大会規則の安全基準に応じて改装され、フルハーネス付きレーシングバケットシート4脚、ロールケージ、追加燃料タンク、アンダーボディ保護、ボーズ製ダンパーなどが装備された。

これら以外の、エンジン、足回り、シャシーの基本構造は量産車のままである。4輪駆動・4輪アクティブ制御、4輪独立サスペンション、アルミニウム製ルーフをはじめとする低重心などの技術は量産仕様ですでに採用されている。

荷室容量は1691リットル。チーム4名が荷物とともに2週間、快適・安全に移動できる空間だという。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集