新明和、中国の環境関連車両製造の合弁会社を増資

自動車 ビジネス 企業動向

新明和工業は、中国の重慶市で2006年11月に設立した持分法適用の関連会社である合弁会社「重慶耐徳新明和環境機械製造有限公司」を増資したと発表した。

中国では都市部を中心に環境問題が顕在化しており、ごみ処理関連設備・機器の需要は増加傾向にある。

環境衛生施設及び設備並びに関連製品の製造・販売を行う合弁会社の重慶耐徳新明和環境機械製造に対して、合弁の相手方である重慶耐徳工業とともに、新たに環境関連車両をはじめとする各種特装車製品の製造・販売を行う体制を強化するため増資した。

増資前は200万米国ドルだった資本金を920万ドルに増資した。増資後、新明和の出資比率は45%から49%に上がった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集