国交省 LNGトラックの走行試験を開始

エコカー 燃費

国土交通省は18日、開発を進めている次世代低公害車の一つである、液化天然ガス(LNG)大型トラックの公道走行試験を開始したと発表した。

独立行政法人交通安全環境研究所を中核的研究期間として産学官の連携で進めている「次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト」の一環で、LNG大型トラックは日本ガス協会が開発したもの。LNGトラックは天然ガスの優れた低公害性を活かしつつ、航続距離を確保することが可能で、今回走行試験を行うトラックは約1000kmの走行が可能。

来年3月末まで、燃料供給ステーションがある東京都荒川区南千住から福島県いわき市周辺までの一般道や高速道路で走行試験を実施し、今後の改良や安全・環境基準の検討に活用していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集