中国道「休日渋滞ポイントにおける時間帯料金割引の社会実験」が終了

自動車 テクノロジー ITS

NEXCO西日本は、中国自動車道(上下線)で実施している「休日渋滞ポイントにおける時間帯料金割引の社会実験」を12月30日22時で終了すると発表した。

交通分散による効果及び料金収入の変化等について検証するために必要なデータを確保したことから、実験を終了する。

中国道・中国吹田IC/吹田本線料金所 - 宝塚ICの下り入口料金所、中国道、山陽道、舞鶴若狭道、播但連絡道の兵庫県内を中心とする出口料金所のいずれかを9 - 11時に通過、逆方向は20 - 22時に通過した場合、ETC搭載車を対象に50%を割り引いている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集