新日本石油、ベンゼンの12月契約価格を値下げ

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は、ベンゼンの12月契約価格を引き下げると発表した。

12月の契約価格は、前年よりも1トンにつき20ドル下げて1020ドルとする。

製油所の定修シーズン明けに伴う需給タイト感が後退したが、直近の原油・ナフサ市況に下支えられ前月比20ドル/トンで決着し、3か月ぶりに価格が下落した。

国内価格換算想定値は1キロ当たり118.3円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集