ダイヤモンド電機、中間期の業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機は、2007年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は181億9300万円と前回予想よりも1100万円の微増だが、営業利益が4億7200万円から5億300万円に増える見通し。在庫評価額が想定していたよりも上回り、売上げ原価が減少したため。経常利益も為替損益が想定よりも改善したため、4億5000万円を予想していたが5億400万円となる見通し。

当期純利益は3億9600万円から4億2800万円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ダイヤモンド電機、通期業績見通しを上方修正 画像 ダイヤモンド電機、通期業績見通しを上方修正
  • デンソーウェーブの小型ロボットが累計5万台 画像 デンソーウェーブの小型ロボットが累計5万台
  • アルパイン中間期決算…増益 市販向けは低調でも自動車メーカー向け好調 画像 アルパイン中間期決算…増益 市販向けは低調でも自動車メーカー向け好調
  • タカタ中間期決算…エアバッグ好調で増収 画像 タカタ中間期決算…エアバッグ好調で増収

特集