静岡スバル、通期業績予想を下方修正 インプレッサ 不発?

自動車 ビジネス 企業動向

静岡スバルは、2008年3月期の連結決算業績見通しを下方修正した。

売上高は140億円を予想していたが125億円に下方修正した。6月にフルモデルチェンジした『インプレッサ』の投入効果が期待したほど長続きせず、新車販売台数が予想を大きく下回ると見られるため。

新車販売の不振で、営業利益も1億3000万円から7000万円に、経常利益が1億4000万円から8000万円にそれぞれ下方修正した。

当期純利益は6000万円を予想していたが5000万円となる見通し。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース