【トヨタ マークXジオ 発表】Dピラーに掘り込まれた“ヒゲ”

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ マークXジオ 発表】Dピラーに掘り込まれた“ヒゲ”
  • 【トヨタ マークXジオ 発表】Dピラーに掘り込まれた“ヒゲ”
  • 【トヨタ マークXジオ 発表】Dピラーに掘り込まれた“ヒゲ”
  • 【トヨタ マークXジオ 発表】Dピラーに掘り込まれた“ヒゲ”
トヨタ『マークXジオ』のDピラーをサイドから見ると、2005年の東京モーターショーで出品した『FSC』とは大きく異なり、前後方向の流れを意識させる“ヒゲ”が掘り込こまれている。

「前回の東京モーターショーに出品したFSCのサイドウィンドウのグラフィックスは、悪く言えば奇抜すぎた」と語るのはトヨタデザイン部グループ長片桐正さん。FSCでは、セダンとミニバンの魅力をひとつにまとめるという実験的な意味合いが強く、新しさを前面に押し出すためデザインを敢えて奇抜な方向にふったようだ。

「子育てを終え、自分たち自身のために自由で豊かな時間を求める大人が今回のターゲットであり、“上質”が重要なキーワード。この“ヒゲ”はプロポーションを伸びやかに見せたり、滞りなく後ろへ流れる気持ちよさを表現し、精悍さを引き出すポイントなのです」と、どんなデザインがターゲットユーザーに合っているのかを前向きに検討した結果のデザインであることを強調していた。

なお「ZiO(ジオ)」という名前は「Zone in One」の頭文字からできていて「さまざまな空間をひとつに凝縮した」という意味。ちまたで噂されるイタリア語の「Zio(年配者)」とは偶然かぶっただけでなので勘違いしないようにしよう。
《》

編集部おすすめのニュース

特集