世界初の8軸ロードシミュレータ…ねじれを再現 ムーグ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

世界初の8軸ロードシミュレータ…ねじれを再現 ムーグ
  • 世界初の8軸ロードシミュレータ…ねじれを再現 ムーグ
日本ムーグは、オランダの姉妹会社Moog FCS B.V.が開発したモータースポーツ専用のロードシミュレータシステムを9月より日本市場向けに発売を開始する。

同シミュレータは、レーシングカーが高速でターンする際に発生する車体の「ねじれ」を再現することができる、世界初の8軸ロードシミュレータ。

F1やフォーミュラ・ニッポンなどのオープンホイールのレースカーは、前後の大型ウィングにより、車体に強力なダウンフォースを発生させ、コーナリングスピードを高めている。従来、こうしたダウンフォースは、タイヤ4本の真下と車体下部3か所に油圧アクチュエータを配置した7軸ロードシミュレータで再現していたが、ターン時などの車体のねじれを再現できず、屋内でのサスペンションの設定・調整に限界があった。

それに対し、今回の新型システムでは、車体下部4か所に空圧式のアクチェータを接続することで、ねじれも再現。これにより、屋内でより正確なサスペンションの設定・調整が可能となり、少ない実走時間で高速走行中の旋回性能を向上させられるようになるというわけだ。

また新システムでは、車体下面のアクチュエータに空圧式を用いることで、ダウンフォースとタイヤに加えられる路面入力とが本質的に独立する形となり、制御しやすくなっているのも利点。同社では、これにより調整時間の短縮、システムエラーなどを減らすことができ、テストの開発期間を短縮できるとしている。そのほか消費電力を減らせる点もポイントだ。

新システムの納入第1号は、米国バージニア州ダンヴィルのバージニア・インターナショナル・レースウェイに併設されているVIPER(Virginia Institute for Performance Engineering and Research)。日本ムーグマーケティング担当のギャリー・インウッド氏によれば、日本国内のチームなどからは、現時点ではまだ打診はないとのこと。そして、同社は既存の7軸システムの改造も引き受けるとしている。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集