ムーグ、F1マシンにも採用された新型バルブを開発

自動車 ニューモデル 新型車

日本ムーグは、軽量で高性能の超小型サーボ弁「E024」の分解能を従来の250%に高め、制御精度を向上した「デュアルゲイン」モデルの提供を開始すると発表した。

この新型バルブはムーグのモータースポーツ・デザイン・センターで開発され、今年すでに複数のF1レースチームによって採用されているが、残りのシーズン中にも新たに採用するチームが増える見込み。国内では24日から受注生産で販売を開始する。

ムーグのE024サーボ弁は、電気信号を油圧へ変換し制御するためのインターフェースとして利用されており、車体に搭載する電子制御ユニットから送られる電気信号を、ディファレンシャルギアやギヤシフト、クラッチ、スロットルなどを作動させる油圧アクチュエータへ送る。その重量は92gと軽量で、2002年からF1チームに供給している。

新モデルは、出力流量ゼロ点付近の流量ゲインを40%に低下させることで、バルブ全開時のシステム応答を維持しながら、制御精度(分解能)を従来の250%に高めることに成功した。

これにより、例えばドライバーの、より細かいスロットル制御や、高精度なクラッチ操作を可能とするほか、ゲインを二段階(デュアル)にすることで、油圧装置が作動していない間、作動油の流量が制限され、システムのエネルギー効率が最大約35%改善する。このため、F1マシンに搭載する油圧系のアキュムレータとポンプのコンパクト化も可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集