【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル
  • 【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル
  • 【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル
  • 【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル
  • 【トヨタ イスト 新型発表】ナビはシンプル
HDD式や通信機能はアタリマエで、通信によって地図のバージョンアップだってできる。……というのが、最新式のトヨタ純正ナビ(工場装着品)。ところが、新型『イスト』のナビはちょっと違うのだ。

まず、メディアはHDDではなくDVD。Bluetooth(ブルートゥース)もなければG-BOOKも未搭載だし、6.5インチの画面サイズ(タッチパネルは備えている)からして、最新タイプ(7インチ)とは違う。ひとことでいってしまえば、機能を省いてベーシックな旧タイプのナビを用意しているのである。

それには理由がある。「『ヴィッツ』や先代イストなどコンパクトカーを買うお客さんでも、調べてみると4割近いお客さんが最終的にナビをつけています。ただ、クルマ本体が200万円もしないクルマなので、比較的リーズナブルでシンプルなナビを選んでいることがわかりました」。というのは、チーフエンジニアとして新型イストをまとめた商品開発本部第2トヨタセンターの三浦清克さんだ。

「ナビが30万円とか25万円とかではあまり現実的な値段ではないですよね。なので新型イストでも、シンプルなナビを選びました」

たしかに、後方カメラやステアリングのオーディオリモコンまで備えたうえで13万1250円(「150G」、「180G」)というカーナビの価格は驚くほどリーズナブル。カー用品店でナビを装着するよりも安いのだから、ナビを付ける予定があるのなら新車購入時にメーカーオプションで選んでおくのがオトクだ。

一方で、最新ナビが欲しいという人のためにはディーラーオプションで「G-BOOK mX」に対応した最新タイプも用意している。それを選ぶ際には、メーカーオプションで「オーディオレス仕様」をセレクトしておくのを忘れずに。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集