日本ガイシ、CO2排出量を2010年度に7% 削減へ

エコカー 燃費

日本ガイシは1日「環境・社会レポート2007」を発行した。CO2(二酸化炭素)の排出抑制や、廃棄物処理など環境への取り組みをまとめた。CO2は、2010年度に05年度に比べ、売上高当たりで7%削減する目標を設定した。

同レポートによると、生産が拡大するなかで、全社でCO2削減に取り組み、04年度−06年度の平均排出量を、03年度の16.3万tを下回る16.1tに削減した。

廃棄物発生量は、05年度のゼロエミッション(外部処分量年間1千t以下)の達成に受け、総発生量の抑制に取り組み、06年度は前年度比で5%削減できた。07年3月には、経済産業省が推進する「廃棄物・リサイクルガバナンス」の格付けで最高の「ゴールド」に登録された。

化学物質管理では、溶剤の大気排出量を05年度比で44%削減した。07年6月から発効した欧州の新しい化学物質規制(REACH)への対応を開始した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集